■セキュリティ

一戸建て住宅では、残念ながら泥棒被害がありますが、その手口はガラス破りやベランダからの侵入が圧倒的に多いといわれています。それでは、どのように住まいを守ればいいのでしょうか。防犯カメラなど警備システムを導入するのが安心ですが、ホームセンターなどで購入した防犯商品を自分で取り付けるだけでも効果は十分あります。
まず玄関ドアは、最低でも二つ以上の錠を付けましょう。補助錠を取り付ける際は、錠を見えやすいところに取り付け、侵入盗に警戒しているのを示しすのです。補助錠を見せつけることで「ガラスを割れば警報機が鳴るぞ!」と侵入者に見せつけ、あきらめさせるのです。
泥棒被害を防ぐには玄関だけではなく、家の周囲には足場となるものをを置かないことです。2階や3階へ直接上がれるような物を置いては行けません。


窓ガラスも防犯が必要です。シャッター雨戸や防犯フィルム入りガラスも有効ですが、もう一つ防犯のために設置されるものがあります。それは防犯センサー付き窓というものです。防犯センサーとは、窓枠とガラス戸に2つのセンサーを取り付けるものです。2つのセンサーが離れると警告音を出したり、警告を伝えたりする。警告を伝える先は、警備会社の監視センターです。これによって、警備会社は異常が起きたことを知り、警備員が出動します。マンションのセキュリティでも説明しましたが、このような個人所有住宅の防犯システムを警備会社の監視センターと連携させるには、警備会社などと契約をし工事をする必要があります。このシステムをホームセキュリティシムテムといいます。ですが、このシステムを設置したからといって100%安全とはいえませんので、常に日頃から用心は必要となります。人は以外にも外出時に玄関や窓の閉め忘れをしてしまうことがあります。そういった時に泥棒被害あう可能性が十分ありますので、うっかりしないよう気をつけましょう。