マンションにはいろいろな種類があります。まずは構造から説明します。
昔から使用されているのは、木造マンションです。金銭的に一番安いでしょう。学生や社会人一年生向けによく利用されています。防音性が低いため周囲の音がよく聞こえてしまうこともあるようです。
次に鉄骨マンションについてです。鉄骨で造られているため、木造マンションよりは丈夫で防音性優れていますが、その分家賃も割高になります。
最後に鉄筋コンクリートについてです。最近の高層マンションはこの鉄筋コンクリートの耐火構造が使用されています。

次にマンション規模の種類について説明します。
マンションには小規模マンションと大規模マンションに分かれます。小規模マンションは戸数が50戸以下のマンションで融資額が少なくなる場合があります。大規模マンションは中層や高層マンションが多数並ぶマンションを指します。
マンションを用途別に分類するとワンルームマンション、ファミリーマンション、高齢者向けマンション、ゲタばきマンションがあります。ワンルームマンションは学生や一人暮らし向けです。ファミリーマンションはその名の通り家族向けで3LDKが多いようです。高齢者向けマンションはバリアフリーを考慮し緊急に備えて管理システムを利用している場合もあります。ゲタばきマンションは1階に事務所やテナントがあるマンションのことです。

マンションの種類他にもあります。期間で決めるウィークリーマンションやマンスリーマンションです。その名通り一週間や一カ月単位で利用することができます。

マンションの種類は様々なものがありますが、マンションに住みたいと思う人は、自分の要望に合わせて適切なマンションを選ぶ必要があるのです。今の状態だけで住むマンションを決めるのではなく、自分の将来設計やこの先どんな風に暮らしていくのかをよく考えてマンションのタイプを選ぶ必要があります。