■マンションの構造

構造の前に土地について少し説明します。埋立地の上に建てられているマンションは地盤が弱いことがあります。地盤が弱ければ地震の横揺れに対して多少弱くなりますので注意が必要となります。

マンション構造でよく見かけるのはRC構造です。RC構造とは鉄筋コンクリート構造の意味です。鉄筋コンクリート構造にはラーメン構造があります。ラーメン構造とはリフォームしやすいように壁を動かせるのが特徴で、超高層ビルに多く利用されています。鉄筋コンクリート構造にはその他にも壁式構造があります。ラーメン構造とは逆にリフォームしにくく、5階以下の物件に利用されます。頑丈で地震のとき安全性が高いのが特徴です。

構造は大きく分けると、躯体、仕上げ、設備に別れます。躯体は柱、梁、床、耐力壁、外壁などです。仕上げは窓、屋外防水、外壁仕上げ、内装などになります。最後の設備は電気、給排水、ガス、防災です。それらを順序よく作り上げるとマンションになります。

■マンションの遮音性

マンションやアパートに住んでいで気になるのは遮音性です。いわゆる上下左右のご近所さんの生活音のことです。遮音性を要求される部位は外壁、窓、内壁、床になります。この遮音性はコンクリートの厚さのによって変わります。この厚さのことを床スラブといい、厚いほど遮音性が高くなるのですが、単純に面積が広くなると遮音性が低下してしまいます。よって梁と梁の間の水平材を利用します。床スラブの間隔が狭くなれば遮音性は高くなるのです。

■マンションの間取り

間取りは内装になります。玄関、リビング、キッチン、寝室、トイレ、浴室、洗面所、収納、バルコニーなどです。詳しくは次の間取りで説明したいと思います。

■マンションの設備

私たち生活でなくてはならない代表的なものそれは電気です。
一世代でブレーカーの電気容量の理想は70Aです。それを大きく下回る場合ですと同じコンセントに炊飯器、電子レンジ、ドレイヤー、電気ストーブを同時に使用するとブレーカーが落ちてしまうことがありますので70A以下のブレーカーを利用している場合は注意が必要です。

電気のほかに生活になくてはならないものがあります。それは水です。水に関わるマンションの給排水設備には受水槽、高架水槽、給水設備、排水通気設備があります。水道本管から一度受水槽に貯水しポンプで高架水槽に揚水します。そして私たちの部屋に給水されます。使用した水は排水として下水道に流れるというわけです。

供用部分の設備でいえば、駐車場、駐輪場、ごみ置き場があります。その他にはこの供用部分をアピールするマンションもあるでしょう。例えばペットの浴室や多目的ホール、広場、エレベーターなどです。こういった設備はあると便利ですね。